「書く議論」と「Web」で着実に課題を解決 ビジネス・コンディショニクス あるべき姿、あるべき未来に向けて、みんなで会社のコンディションを整えていく。それを実現するのが、当センター独自の実践型ワークショップ「ビジネス・コンディショニクス(BCX)」。リラックスできる空間で、コラボレーターとともに「書く議論」で課題を整理し、専用のWebツールで活動を共有しながら次の一歩を議論し、オーダーメードで課題を解決することで、確実にステップアップしていきます。伴走役を携える心地よさを体感してください。

BCXで解決できるケース例

事業承継を考えたいが、自分の想いを汲める相談相手がいない 今後の会社経営を周囲に相談しても、なかなかスッキリしない 新規事業を進めているものの、社内で議論が堂々巡りになる 役員にったものの、今後の運営方針をどうしたものか悩んでいる 新会社設立に向けて動いているが、関係者の意思がまとまらない 次世代リーダーに任せて行きたいが、力量不足を感じる 重要な仕事を任されたものの、一人で進めるには不安がある など、周りに相談できる人がいない、ディスカッション・パートナーを求めるケースに適しています

アプローチ(一例)

1,振り返るCONSULT 客観的な視点で、これまでの活動や状況を構造的に振り返り、解決すべき課題を整理します。 2,コンパスと航海図を作るCREATE 目指す姿(コンパス)をイメージして、その実現に向けた活動(航海図)を描きます。 3,航海に出るCOLLABORATE 実行(航海)して、検証改善を行います。必要に応じて、各分野の実務エキスパートもご紹介します。

BCXの流れ(一例)

1st セッション 振り返りとコンパス作り 2nd セッション 航海図作り 3rd セッション以降 航海準備し、航海→検証→改善

コースと料金(一例)

月1回90分 当センター(銀座)での「書く議論」 2週に1回 専用のWebツールで進捗確認・相談 料金:月額5万円(税別)より ※ 「書く議論のまとめ」や「クライアント資料作成支援」等は別途費用※ 実行段階で必要あれば活動テーマに応じて、実行メンバーや費用をご提案します。※ 当センターまで来られない方には、ビデオチャット&Webホワイトボードによる「書く議論」もご用意

BCX体験者の声

事業を的確に整理されていく流れは、本当に楽しく、またお話もさせていただきたいと思っています。40代前半・システム開発会社  社長 現状を客観的に認識するのに役に立ちました。まさに整理されたという感じがします。40代前半・保険販売会社  社長 課題を認識しているつもりだったが、書いて整理することで、自分のモヤモヤがクリアになった。30代後半・営業 いろいろな雑念が取り払われ、考えがシンプルになりました。40代後半・大手メーカー事業部長 チームで参加したが、部下からも話を引き出してもらい、全員の目線合わせしてもらえたことが良かった。50代前半・営業部長